未経験からインフラエンジニアへ!

いんふらちゃん.com

ITコラム

インフラエンジニアの種類・違いについて

更新日:

インフラエンジニアって何?

記事等で話されているのは、どのインフラエンジニアの事を指しているの?

と思う方は多いのではないでしょうか。

ざっくりみていきます。

スキルをつける・これから将来ガンガン稼ぐ事にフォーカスして、著者の独断と偏見で紹介していきます。

 

 

そもそもITでのインフラとはなんぞや?

インフラは「Infrastructure(インフラストラクチャー)」の略で、基盤や土台、下部構造といった意味をもつ言葉です。

私たちが普段生活をする上では電気やガス・上下水道などが欠かせませんね。生活上のインフラ以外にも私たちが日頃から使っている「PC」「スマートフォン」「インターネットを使ったサービス」を使うにはITインフラが構築されていなければ使用することができません。

 

ITインフラとは、そのような「インターネット・ネットワーク」を使ったサービスを利用するための、サーバ構築やネットワークの管理全般を指します。

 

何気なく使っているネットのサービスは、このITインフラがなくては成り立ちません。

そんなITインフラを構築するのがインフラエンジニアとなります。とはいっても、インフラエンジニアにはその役割・分野によって様々な種類がありますので分解していきましょう。

 

いんふらちゃん
いんふら
ITインフラがあるおかげでインターネットサービスの恩恵が受けられるのだ

 

インフラエンジニアをざっくり!3つの役割

インフラエンジニアは、ITインフラを構築するエンジニアでしたね。

もうちょっと詳しくいうと、プログラム・システムそのものを作成するのではなく、プログラム・システムを動かすための環境を用意してあげるのがインフラエンジニアです。

 

プログラマの人が「よし、プログラムを作るぞ!」と、どんなにやる気を出してもそれを作成するための「環境」がなければ作ることができませんし、システムは動きません。

開発の人が心地よく開発に専念できるように環境を整える・システムを構築する、作ったITサービスを健全に保守・運用するのが仕事内容となります。

 

はいっ、構築しました!だけでは駄目なわけですね。24時間サービスが問題なく運用できるようにする必要があります。

具体的に分けると「設計」「構築」「運用・保守」の3つに別れていきます。どれかひとつだけに特化すれば良いというわけではなく、全て出来るのがもっとも望ましいです。

 

設計だけしかやったことのない人は、運用・保守の事が全然考えられていないシステムを設計してしまうかもしれませんし、運用・保守しかできないと全体の構成や意図がわからないまま単調作業しか身に付かないなんてことになるかもしれません。

一通りどの役割も担当した事があると、お互いの役割の人たちの気持ちになれるのでより良いスキルや視野をもつ事が出来て非常にGoodという事ですね。

 

特に設計がちゃんとしていないと、構築、運用保守の人たちが地獄を見ることになるのでやべーです。「設計・頼むで設計!具体的に落とし込んで詳細を聞き出してくれ設計!」と神頼みする人たちが多いとかそうじゃないとか。その前に要件定義だろというツッコミはさておき。

 

しょーこ
しょーこ
3つとも分かると素晴らしいってことなのね

 

インフラエンジニアの種類を分解!

一般的に、インフラエンジニアというとサーバーエンジニアとネットワークエンジニアを合わせて呼ぶ場合が多いです。

ただ、サーバーエンジニアの人がゴリゴリネットワークの仕事をするかといったらそんな事はありません。その逆も然りです。

サーバーエンジニアはサーバーのお仕事をしますし、ネットワークエンジニアはネットワークのお仕事をします。

 

よくある「未経験からインフラエンジニア に!」というのは、すごく曖昧な言葉で、基本的にサーバー側かネットワーク側のどちらかに別れる事になります。

著者の個人的なおすすめは、サーバーエンジニアです。現在流行っているクラウドエンジニアにステップアップできるのが基本的にサーバーエンジニアになるからです。

とはいっても、著者がクラウドエンジニアなのでポジショントークであることも踏まえてお読みいただけると幸いです。

 

いんふらちゃん
いんふら
それでは分解していくぞ!

 

サーバーエンジニア

その名の通り、サーバーの環境を構築し、運用する事に特化したインフラエンジニアです。

サーバーとはサービスを提供するコンピュータの事です。サーバーには「Webサーバ」「メールサーバ」「ファイルサーバ」など様々な役割が存在します。

これらのサーバーのお仕事を行うのがサーバーエンジニアとなります。

 

そして主に Linux というOSを使っていく事になります。0SはMicrosoft WindowsやmacOSが馴染み深いですが、実際のサーバーエンジニアのお仕事はLinux(Redhat系のCentos6,Centos7)等を触っていく事が多いでしょう。

Linuxにも様々な種類はありますので、用途やシステムに合わせて使い分けていく事になります。著者はコンテナ関連でDebian系のUbuntuを使う事が多いですかね。

 

Windowsサーバーもありますが(Active Directoryをいじいじする)、スキルやサーバーエンジニアとしての汎用性を考えると避けるのが無難な選択肢でしょう(著者の偏見なのでスルー推奨)。

資格には LPIC・Linucが該当します。

 

ネットワークエンジニア

こちらもその名の通り、ネットワークの環境を構築、運用に特化したインフラエンジニアです。

ネットワークの設定をして、実際にLAN等でサーバをルーターやスイッチなどの機器と接続したりするのがお仕事です。

実際の機器はCisco、Juniper、YAMAHAを利用する事になるでしょう。中でも世界でもっとも使用率が高いのがCiscoのネットワーク機器ですね。

また、よく未経験のインフラエンジニアの求人で「実際に機器を触る」は、このネットワーク機器を使用するという事を暗に意味している場合が多いです。つまりネットワークエンジニアです。

 

現在の傾向ではクラウドの普及によって、ネットワークエンジニアの仕事の減少が考えられます。クラウドが普及するという事は各事業会社で構築や保守・運用していたサーバやネットワークがAWS等のクラウドサービスに置き換わっていくという事です。

もう少し掘り下げると、「保守・運用」下流側の仕事が減少していくと思われます。「設計」の上流側はすぐに仕事がなくなるとは考えにくいそうですが、この流れを考えるとクラウドに精通する技術をつける事が必要になっていくのかもしれませんね。

 

全てがクラウドになるわけではなく、重要な情報等は会社でもっておきたい場合はオンプレの利用になるので、クラウドの普及によってお仕事が相対的に減少するという感じです。

資格には、CCENT・CCNAが該当します。

 

クラウドエンジニア

クラウドエンジニアとはクラウド上でのサーバ・ネットワークの構築、運用する事に特化したインフラエンジニアの事です。

 

そもそもクラウドで何が変わるの?という話ですね。

ズバリ、わざわざ各会社で実物のサーバーを設置しなくても、AmazonやGoogleが用意するサーバーをリモートでサービスを利用できるようになります。

これによって、初期費用を安く済ませたり従来より早く楽にシステムを構築できるようになります。サーバーの台数を増やすのもサーバーの能力をあげるのも楽々です。

 

クラウドエンジニアにはネットワークの知識やサーバーの知識はもちろん、利用するクラウドサービスの独自の知識も必要となります。

実際にサーバーを設置したり、ネットワーク機器を触る事がないので、PCさえあればどこでもお仕事ができるとも言えます。

そのため、リモートワークを将来的に目指したい方や稼げるフリーランスになりたい方が目指すならクラウドエンジニアとなるでしょう。

 

現在の大手のクラウドサービスはAmazonのAWSMicrosoftのAzureGoogleのGCP があります。最大シェアはAmazonのAWSであり、いまだにトップを独走している状況です。

ひとまず、クラウドに関わりたいという方は需要や情報の多さを考えるとAWSを学習するのが良いのではないでしょうか。

資格には各社それぞれにあるので検索してみてください。

 

いんふらちゃん
いんふら
いんふらちゃんもAWSを現在扱っているぞ

 

データベースエンジニア

その名の通りデータベースをチューニングする事に特化したインフラエンジニアです。

サーバーエンジニアもデータベースを構築するのですが、データベースエンジニアはがっつりデータベースに特化している事が特徴です(そのままですね)。

Oracleや Microsoft SQL Serverなどのデータベース製品を扱っていく事になります。

シェアとしてOracleが全体の60%を占めているので、資格にはOracleブロンズから始めるのがいいかもしれません。

 

ヘルプデスク・情報システム

いわゆるなんでも屋さんですね。ユーザーからの問い合わせを担当したりするインフラエンジニア?です。

今まで見てきた専門的な事をやるというよりかは各会社でシステムや電話の受け答えなどの雑用をやるイメージが近いと思います。

PCやスマホのセッティングをしたり、その会社独自のお作法やお助けサポートを覚えて仕事をしていきます。

 

会社のヘルプデスク・情報システムによってケースは様々なので、がっつり技術に触る部署になっていることもあるかもしれません。

基本的には汎用的な知識や技術というよりも、その会社独自のお作法やシステムを覚えていく事になるので、技術・スキルをつけたい!という方にはお勧めできません。

 

まとめ

ざっくりとこんな感じになります。もちろん更に分類分けする事ができる箇所はありますが、大まかに分けるとこの5つですね。

インフラエンジニアとはいっても、役割・種類によって だいぶ仕事内容が変わる事が分かりました。

自分がどのインフラエンジニアになりたいかを考える参考なればと思います。

 

また、インフラエンジニアはプログラマのようにコードを書くことはないと思われがちですが、サーバ・クラウドエンジニアで設定内容をコードで管理する動きが 急激に広がりつつあります。

そう、Infrastructure as code (Iac)です。OSやMWを管理する構成管理ツールであるAnsibleやChefや、TerraformやCloudFormationなどのプロビジョニングツールを使用できる事が今後重要になってくると思われます。

自由な働き方や 給与の大幅なUPを目指す方には密接に関わってくるので、その場合は必須といっていい項目です。

わざわざ手打ちでやっていたものや、コンソールでぽちぽちしていたものが自動化できると感動モノです。インフラおもしれーってなるのでぜひ触って見てください。

 

クラウド化だけではなく、インフラ構成のコード化も進んできているというおまけ話でした。

いんふらちゃん
いんふら
それでは別記事で!

 

-ITコラム

Copyright© いんふらちゃん.com , 2019 All Rights Reserved.